宮崎県串間市に位置する「望洋の郷」、そこからの眺めは太平洋と串間市街地を一望する事ができます。まさに老後を過ごすのに最適の環境にある老人ホームと言えます。
ケアハウス望洋は、高齢者複合施設「望洋の郷」の3階にあり、充実した設備と介護支援専門員(ケアマネージャー)と健康な毎日を過ごすため、専門的なリハビリで鍛えたり、お友達とのおしゃべりでストレス解消してみませんか? 季節行事、ドライブ、お誕生会のクッキングなど
楽しいイベントもたくさんあります。


串間市について・・・
串間市(宮崎県串間市)は、九州の日南海岸国立公園の最南にあり、市の南部は黒潮で有名な太平洋日向灘と志布志湾(串間地方では有明湾とも呼んでいます)に接し、内陸部は、北西に宮崎県都城市および鹿児島県志布志町、北東に宮崎県日南市および南那珂郡南郷町に接しています。
 また、海岸線は大小の半島がリアス式海岸の態をなしており、戦国時代、市内に無数に存在した軍馬養成のための牧馬の名残の野生馬都井岬、海水で芋を洗って食べることで有名な文化猿の幸島、市内北部の山間部は夏でも冷涼で天然のクス原生林を有し、身も切れるほどの冷たい山水を湛えた赤池渓谷など、市内全域が自然の美しさそのままの景観豊かな田園都市です。
 平成6年8月には、串間市本城地区に温泉が湧出し、「串間温泉いこいの里」として市民はもとより近隣市町村からもたくさんの利用客が訪れ、賑わっています。